icosで有害物質カット

おすすめ禁煙薬

ウェルバトリン

精神安定の効果も。マイルドな禁煙薬でイチオシです。

チャンピックス

禁煙薬の中で一番売れているチャンピックス。ヘビースモーカー向け。

icosのおすすめポイント

煙草だと身体の健康面の不安がどうしても気になってしまいますが、icos有害物質9割カットなので非常に嬉しく思います。火を使わず電気で加熱する仕組みで、煙も少なく火は使わないので、自分自身の身体にも周囲の人にも自然にも優しい所は魅力です。タバコの臭いが衣服に付く事も多く、仕事で接客業をしていると臭いを気にして消臭スプレーをかけて店に戻るようにしていたのですが、icosの場合臭いがないわけではないですがほとんど気にならない程度のものなので安心です。逆に、icosに変えてから普通のタバコの臭いがきついと感じるようになり、喫煙ルームに入る事も躊躇うようになりました。しっかり吸っている感覚はありながら、充電式かつ連続で吸う事が出来ない仕様になっているので自動的に吸う本数が減らせます。

icosのデメリット

icos本体の金額が高く1万円ほどかかるため、買うまでに躊躇う人もいらっしゃるかと思われます。買って使い慣れるまでの間、吸い始めるまでの時間や作業にイライラするかもしれません。吸っている感覚や臭いなども、やはり通常のタバコよりも薄いのは薄いので、暫くの間は根気よく続ける必要があります。そして、本体が充電式のため充電が無くなると吸えませんし、本体が壊れてしまった場合は修理が必要なのでその間icosの利用が出来なくなります。カートリッジも4種類しかなく、マルボロが作っている事もあって460円と、比較的高めのタバコと同じくらいの値段がします。しかしタバコほど長さがあるわけでもないので、全体的なコストパフォーマンスはタバコより確実に高くなります。身体や自然に優しい代わりに、お財布には優しくない、というのがicosだと思われます。

icosの購入を検討している方へアドバイス

ネットショップなどの禁煙グッズランキングでは断トツ1位のicosですが、どうしても初めの投資金額や全体的なコストパフォーマンスを考えた時にタバコのままでいいや、と思われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、高い商品だからこそ、そのお金をかけて辞めにくい状況に自分を置き、1度しっかり慣れるまで使ってみてください。逆に普通のタバコの味や臭いをきつくしんどく感じるようになります。icosに変えた方が同じように思われるので、やはり身体に良く、タバコとは違うものだと感じる事は出来るはずです。しかし、icosであったとしても有害物質を含むものである事や依存してしまう商品である事を理解し、icosだから良いと思わず、ゆっくり頻度を減らし、禁煙に向けて”タバコからicosへ”そして”icos身体に禁煙へ”と意識する事を忘れないようにしてください。

おすすめ禁煙グッズ
電子タバコ,禁煙グッズ,禁煙薬
ニコレット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする